11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別府日帰り旅 その②

さてさて。

高崎山をあとにし、次に向かったのは別府大学が運営する『大分香りの博物館』。
香りに関する歴史や資料を展示してあります。

1階は 『香りプロダクトギャラリー』
香水の作り方や種類、原料の紹介や調合方法が紹介されています。

2_convert_20110404230343.jpg


4_convert_20110404230439.jpg

何本あるのかわからないくらいたくさんの調合ボトル。

5_convert_20110404230509.jpg

整然と並べられたこのボトル。圧倒されます。

2階は 『香りヒストリーギャラリー』
香りの歴史と香りと人々の関わりが展示されてある階です。
古代エジプトからアールヌーボー・アールデコ時代、アジア、そして日本。
アロマテラピーを学んだ私にとっては、まさにテキストに載っていた事柄がたくさん!!
この階は大変興味深いことだらけでした。

そして3階は 『学びと癒しのギャラリー』
ここでは実際に調香体験やアロマ体験ができるようになっています。
現代の香水のコレクションも展示されていました。

香水、といえば… やっぱりシャネル、でしょうか。

7_convert_20110404230541.jpg

…といいながら、私は普段全く香水をつけないのですが、若い頃は憧れました。
こちらは香料瓶。

8_convert_20110404230605.jpg

バニラエッセンスとレモンエッセンスの瓶だそうです。

竹瓦温泉のロビーで手にしたパンフレットで知ったこの博物館。
アロマテラピーをより深く学びたいと思いながらも、なかなか進めない私にとって
とても有意義な時間を過ごせた場所となりました。
『もっと学びなさい』と導かれた気さえします。

竹瓦温泉での砂湯、高崎山のおさるさんたち、そして大分香りの博物館。
今回は『癒し』がたくさんの別府日帰り旅となりました。
風邪気味だった体調も、帰宅するときにはすっかり回復していました。
週明けから改めてアロマテラピーのテキストを読み返し、
『香り』の世界を旅している私です。

プロフィール

こむぎん

Author:こむぎん
スムチの小麦を中心に
楽しい毎日のあれこれ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

素材

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。