08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舟を編む、その前に。

連休中、他に行くところはないのかって思うほど足繁く通った本屋さん。

その本屋さんでコーナーを設けてある、イチオシの一冊が

三浦しをんさんの 『舟を編む』。 本屋大賞受賞作です。

今まで三浦しをんさんの本を読んだことがない私。

作家さんとの相性みたいなものがあって、

かなりの長編でもグイグイ引き込まれて一気に読み終わる作品もあれば

一冊読み終えることができなかった作品もあったりして。

  村上龍さんの『半島を出よ』は最初の2、3ページで半島から出るのを諦めたし( ̄ロ ̄|||)
  小泉元首相の愛読書『信長の棺』は棺すら探そうとしなかったし( ̄Д ̄;)

うむむ。 文庫本ならまだしも、いきなり単行本を買うのは勇気が要りますなぁ。

きっと図書館も予約でいっぱいだろうし…。

そうだっ!! まずは文庫本から読んでみようではないかっっ

…といういささかケチくさい思いから購入した、初・三浦しをん。

1_convert_20120508213027.jpg

筋金入りの活字中毒者、三浦しをんによるブックガイド&カルチャーエッセイ集。

このタイトルからして既にプンプン匂います、そそられます(*≧m≦)=3

活字中毒とまでは言えないものの、私も本を読むのが好きです。

でも、どうしても偏るんですよね、手に取る作家さんが。

なのでこういうブックガイドは強力な助っ人です。

しかも読んでいくうちに、三浦しをんさんの文章がすっと入ってくるのが分かって。

あぁ、きっと一気に読み終えることができる方の作家さんだって実感。

その三浦さんが薦める本。 読んでみたいと思わせてくれるものがいっぱいです。

新たな出会い、嬉しいなぁ…!!

そんなこんなで昼休みに図書館で借りたこのエッセイ (しかも借りるときはちゃっかり単行本) 

2_convert_20120508213111.jpg

もうこのエッセイで三浦しをんさんの虜ですっ

エッセイなのでサクッと読めますが、アツいのです、めちゃめちゃアツいのですっっ

笑えます、頷けます。

やっぱり本っていいなぁ…。

惹きこまれると最後まで読み終えてしまわないと気が済まないので、

平日の夜読む本のチョイスは慎重に。

間違っても上下巻モノは避けるようにしないといけません(* ̄m ̄)プッ

プロフィール

こむぎん

Author:こむぎん
スムチの小麦を中心に
楽しい毎日のあれこれ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

素材

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。