08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢うつつの文楽観劇

年に1度のお楽しみ、文楽を観に行ってきました。
昼の部・夜の部ともに観劇するので文楽三昧の1日。
昼の部は11時からなので、まずは…

5_convert_20131223192359.jpg

櫛田神社に今年1年、無事に過ごせたことへのお礼参りを。
本当にありがたいことですな。

昼の部は2階席からの観劇。

2_convert_20131223192300.jpg

舞台が遠い、遠いよ…。
しかしその分2000円とお安いおかげで、昼夜両方観劇できるのです。

楽しみにしていた文楽。
気合いを入れて観劇するつもり、だったのですが…
昼の部、女殺油地獄の河内屋内の段の記憶が全くございませんっっ(TдT)
途中、ローリングする我が頭にビックリして目が覚めたことが何度かあり、
おっといけない!! と思いつつ、夢うつつ。
しかし次の豊島屋油店の段では油と血にまみれながらの悲惨な殺害劇に
クギ付けとなり、拍手喝采の中幕が引かれ…

3_convert_20131223192321.jpg

お弁当タイム♪♪
ムフフフ、これもまた文楽観劇の楽しみの1つなのですよ。
かなりのボリュームで、相当お腹いっぱいになっちゃったんですけど (←けど?!)
昼の部最後の演目、日高川入相花王はローリングすることなく堪能。

夜の部は1階席。

4_convert_20131223192341.jpg

うんうん、近く感じますな( ̄m ̄* )ムフッ♪
これはいいですぞ、とニンマリしたのも束の間、
最初の演目、寿柱立万歳の記憶が、記憶がぁ…(TдT)
これまたローリングヘッドで目が覚めるという大失態。
いかんっっ!! これはいかんということで
15分休憩の間、ホットコーヒーでカフェイン注入いたしまして。
平家女護島 鬼界が島の段。
これはラストの俊寛の表情に尽きるのです!!
人形といえども、その未練と孤独と絶望感は充分伝わってきます。
これまた拍手喝采、大喝采なのでした。
最後の演目、双蝶々曲輪日記を見終わり、博多座を後にする頃には
夜の帳が博多の街を包んでおりました。

1_convert_20131223192227.jpg

年末の博多座での文楽公演が終わると、今年も終わったなと感慨深いものが。
たとえ大掃除が終わってなくても、年賀状の準備がまだでも、
私の1年は文楽観劇で幕を閉じるのであります(゚m゚*)プッ
また来年の文楽のために1年頑張ろう!!

プロフィール

こむぎん

Author:こむぎん
スムチの小麦を中心に
楽しい毎日のあれこれ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

素材

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。